ティーアップとは

ネットワークビジネス用語で
ティーアップという言葉があります。

ABCやセミナーなどでよくこのティーアップという
言葉を耳にすることが多いかと思います。

ティーアップとは、ゴルフ用語でもありますが、
ティーショットのとき、ティーの上にボールを置くという意味があります。
つまり、ボールを打ちやすくするためです。

コミュニケーションのテクニックでも同じことが言えます。

相手をティーアップするつまり、ちょっと持ち上げるということです。

ネットワークビジネスのABCの時もそうですね。

B(あなた)がA(アップ)のことをC(カスタマー)さんに紹介するとき、
ただ単に紹介するのではなく「持ち上げる」

つまり、相手に興味や関心を持たせるようように話すという
テクニックの一つとしてティーアップという言葉が使われています。

ティーアップは胡散臭い・・・!?

私も当時、ABCの席で説明を受けたことがあります。
橋渡し役のBさんが、やたら必要以上にAさん(アップ)のことを
持ち上げている姿を見て私は、非常に違和感を感じていました・・・^^;

私と同じような経験をされた方も多いではないでしょうか?
ティーアップも、自然な流れで正しいやり方で行うと成約率も上がり、
効果的なのでしょうが・・・

嘘をついたり、必要以上に持ち上げたりする行為は胡散臭く感じ、
まるで詐欺のようで、相手が引いてしまい、逆効果になる場合があるので、
注意しましょう!


ネットワークビジネスは勧誘しないほうが成功できる!?

マンガネットワークビジネス入門

YouTube動画の再生終了後にリダイレクトで別のページに自動的に移動させる仕組み(IFrameプレーヤーAPI(JavaScript))

※音量を調節してご視聴ください

ネットワークビジネスで こんな思いをしたことありませんか?

今までのMLM 友だちがいなくなってしまう

今までのMLM 社会的な信用が無くなりそうだ

今までのMLM お金がどんどん減ってきている

今までのMLM セミナーなどで時間が無くなってしまう

画像の説明

魅力のあるビジネスではあるけれど

今までのMLM イメージが悪すぎて友だちを誘えない

今までのMLM ダウンができない

今までのMLM 長続きしない人が多い

だからいつまで経っても稼げない…(>_<;)…!

これが多くの人たちのネットワークビジネスの現状でしょう。

しかし、

まとめ買いや在庫もいらない 年齢も住んでいる所も関係なく

好きな時間に どこでも誰でも取り組めるとしたら・・・

そして

友だちを誘わなくても ビジネス展開できるとしたら・・・

あなたはどう思いますか?

もしそうなれば、今までのネットワークビジネスとは全く違い

誰にでも取り組めて稼げるようになるビジネスモデルだと思いませんか?

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

片っぱしから声をかけるという今までのやり方では

友だちをなくす・被害者を出す・ストレスがたまる...など

これでは 成功できるはずがありません。

インターネットを使わない従来のネットワークビジネスは

どうしても向き、不向きがあり、続かないというのが現実です。

その大変さを身を持って体験した私が

「正しい方法」で「正しいビジネスパートナー」と

在宅インターネットで成功する方法を包み隠さずお伝えしています。

あなたは、将来にわたる権利収入と時間を得たいと思いませんか?

MLM成功法

動画&資料





☆関連記事☆











a:340 t:1 y:0