ネットワークビジネスとは

MLM(Multi-level marketing
ネットワークビジネスのことをアメリカではMLMと呼びます。
日本でもネットワークビジネスのことを、MLMと呼びます。

マルチレベルマーケティング

  • ネットワークビジネスをアメリカではMLMと呼びます。
    日本でもネットワークビジネのことをMLMと言うことが多くなりました。
    しかし、マルチレベルマーケティングの「マルチ」がマルチ商法の「マルチ」
    と重なる為、あまり積極的には使われません。
  • アメリカで第二次世界大戦後に広く一般的化し、日本には
    1960年代に上陸したビジネス形態です。
  • アメリカではハーバードやUCLAなど、多くの大学でベンチャービジネスの
    ひとつとして講義に組み込まれており、大学院でも産学共同で専門的に研究
    されているそうです。日本でも最近、慶応、一橋、早稲田、國學院、同志社
    などの大学で、このビジネスモデルに関しての講義が組み込まれるようにな
    ってきました。

マルチ商法

  『連鎖販売取引もマルチ商法も、「ネットワークマーケティング、ネットワーク
   ビジネス、MLM」などの別称で呼ばれる事が多い。連鎖販売取引とマルチ商法が
   同義であるかという件については、各省庁や消費生活センターなどの公的機関に
   おいても見解が分かれている。』

                               ウィキペディアより

◇ウィキペディアの情報でも、定義が難しいようですね。

ネットワークビジネスの流通システム

ネットワークビジネスの流通システムの特徴は、メーカーから
直接消費者へ流通させる点です。問屋や卸を通さず、メーカーから
直接消費者に、商品を流通させる仕組みです。

そして、製品を流通させた人に対して、製品の流通量に応じた報酬を
支払うシステムがネットワークビジネスです。

ネットワークビジネスの特徴

ネットワークビジネスの最大の特徴は、会社が広告するのではなく、
製品の愛用者自らが、口コミによる宣伝活動を行い、商品の流通を
拡大させていくという所です。

ネットワークビジネスのメリット

  • 広告費や人件費などをかけずに出来できる
  • 初期投資が小額で済む
  • 勤務時間が自由に裁量できる
  • 活動地域に制限がない
  • 不況に強い
  • 収益は無限大
  • 在庫が不要
  • 買掛金、売掛金がない
  • 一時的な報酬だけではなく継続的に入る
    権利収入が期待できる

ネットワークビジネス(NB=Network Business)

訪問販売等に関する法律(1976年施行、現在は「特定商取引に関する法律」
と改称)で、いわゆるマルチ商法とよばれるものが、一定の範囲で「連鎖販
売取引」として法的に定義づけられ規制されることになった。その後、定義
要件が拡大し、規制強化の流れで法改正が行われた。

現在、特定商取引に関する法律(特定商取引法)で、連鎖販売取引は実質禁止
といってもいいほど厳格に規制されている。

特定商取引法で、以下のような条件を全て満たす販売取引が連鎖販売取引
される。

1. 物品の販売(または役務の提供等)の事業であって
2. 再販売、受託販売もしくは販売のあっせん(または役務の提供もしくは
  そのあっせん)をする者を
3. 特定利益(紹介料や販売マージン、ボーナス等)が得られると誘引し
4. 特定負担(入会金、商品購入費、研修費等の名目で、何らかの金銭的な
  負担)を伴う取引(取引条件の変更を含む。)をするもの

商品流通において、代理店、問屋という形をとる場合のような、広告をする、
商品を在庫するというそれぞれの役割が分離されているものと異なり、それぞれ
のポジションがまったく同じ、商品の広告と販売と同じポジションになるべく人
を勧誘することができることで、多段階式に連鎖していくことから名づけられる。

各社システム多様である。この構造をとっていながら、問屋的な会員と商店的
な会員とを区別して購入価格差異を設けている企業と、商品の購入価格が全て
の人で同じ価格であるシステムである場合もある。

先に登録した者が後に登録した(又は、先に登録した者が誘引した)者の商品
流通又は役務提供の成果を受けるものであり、定められた多段階式の報酬シス
テムに基づいて商品やサービスを販売・提供する方法である。

悪徳業者(企業)の中には、個々人に対して、実質的な無限連鎖講に値する行為
を行ったり、商品の性能や品質のアピールをするよりは「簡単に儲かる」といった、
安易に収入になることを強調したセールストークを用いたり、(長時間にわたって)
勧誘し市場価格より高額な値段の商品を販売したりする者も依然存在し、契約に
際して各地の消費生活センターや国民生活センターへの問い合わせ・相談が相次
いだ。ちなみに平成15年の国民生活センターへの苦情により、法整備の重要性が
見直され、平成16年に改正された特定商取引法では次のような規制がなされている。

・契約締結前や契約締結時の書面交付の義務付け
・広告への一定事項の表示の義務付けや誇大広告の禁止
・不適切な勧誘行為(不実告知、威迫困惑行為等)の禁止
クーリングオフは20日間(一般の訪問販売は8日間)
・中途解約権の付与

ビジネスを提供する連鎖販売企業側のディストリビューター(分配者を示す言葉。販売員、販売代理店、販社などと呼称される事もある)に対する教育の欠如や違法、問題行動の黙認による倫理上の問題・法的違法性の存在や、連鎖販売全体の円滑な流通を監督する経済産業省の不十分な監視体制の下では、今後も問題視される企業が現れる可能性がある。

                             ウィキペディアより抜粋


ネットワークビジネスの考え方

ネットワークビジネスは、まず自分が愛用者、消費者になる必要
があります。これをなくして、ビジネスは成立しないのです。

まず使ってみて、愛用者になってからビジネスが始まります。
ネットワークビジネスに限らず、小売や通販訪販にも一長一短が
あります。

どれが良くて、どれが悪いと言う決め付けは出来ません。
どれを選ぶにしろ自分にとってのメリットとデメリットを理解し、
真剣に仕事として取り組む事が大切なのです。



next ネットワークビジネスの歴史

ネットワークビジネスは勧誘しないほうが成功できる!?

マンガネットワークビジネス入門

YouTube動画の再生終了後にリダイレクトで別のページに自動的に移動させる仕組み(IFrameプレーヤーAPI(JavaScript))

※音量を調節してご視聴ください

ネットワークビジネスで こんな思いをしたことありませんか?

今までのMLM 友だちがいなくなってしまう

今までのMLM 社会的な信用が無くなりそうだ

今までのMLM お金がどんどん減ってきている

今までのMLM セミナーなどで時間が無くなってしまう

画像の説明

魅力のあるビジネスではあるけれど

今までのMLM イメージが悪すぎて友だちを誘えない

今までのMLM ダウンができない

今までのMLM 長続きしない人が多い

だからいつまで経っても稼げない…(>_<;)…!

これが多くの人たちのネットワークビジネスの現状でしょう。

しかし、

まとめ買いや在庫もいらない 年齢も住んでいる所も関係なく

好きな時間に どこでも誰でも取り組めるとしたら・・・

そして

友だちを誘わなくても ビジネス展開できるとしたら・・・

あなたはどう思いますか?

もしそうなれば、今までのネットワークビジネスとは全く違い

誰にでも取り組めて稼げるようになるビジネスモデルだと思いませんか?

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

片っぱしから声をかけるという今までのやり方では

友だちをなくす・被害者を出す・ストレスがたまる...など

これでは 成功できるはずがありません。

インターネットを使わない従来のネットワークビジネスは

どうしても向き、不向きがあり、続かないというのが現実です。

その大変さを身を持って体験した私が

「正しい方法」で「正しいビジネスパートナー」と

在宅インターネットで成功する方法を包み隠さずお伝えしています。

あなたは、将来にわたる権利収入と時間を得たいと思いませんか?

MLM成功法

動画&資料





☆関連記事☆











a:344 t:1 y:1